とっても便利な思考の型!フレームワーク

思考術の目的を達成する方法とは

利益をつくる思考術の目的とは「取引の数値を大きくする施策を考える」

取引の数値が大きくなれば、お金が大きくなるのはあたりまえです。
これだけでは漠然としすぎていて、何をどう考えればいいのか分からないという疑問の声が聞こえてきそうです。

野球でいえば「点が欲しいならホームランを打つサインをつくれば点が入る」みたいなアドバイスでしょうか。そんなことが成り立つなら誰も苦労しません。

このような疑問への回答として、この記事では、思考術の目的を実行するための具体的な思考ツールとその考え方をお伝えします。

思考ツールとしてフレームワークを利用する

最初に断わっておきます。

利益をつくる思考術は今まで誰も知らなかった前代未聞の利益を生み出す手法を新発見!とか
魔法にかかったように利益がザクザクというようなあたらしい技術です!とかでもなんでもありません。

フレームワークとは思考の型

フレームワークという思考の型を使います。

フレームワークとは物事に対する思考の型や考え方のパターン化したものです。フレームワークが頭に入っているととても便利です。仮にそれが今まで経験した事がない新しい情報でも、自然に頭の中で分解して分析してみることができるようになります。

フレームワークを身につける強み

フレームワーク思考を身に着けていれば、目的をを達成する為の物事についての考える時に、必要な情報とは何か、どこから取得するか、その情報をどのように分析するか、その情報をどのように加工するか、その情報をどのような文書におとすか、その情報を誰にどのように伝えてどのような判断をうながすか、その結果何が実現するかといった一連のビジネスプロセスを進める事ができます。

少なくとも、的外れな行動をして遠回りしなくてすむようになります。

フレームワークが成果につながらない理由

書店やamazonに並ぶビジネス本

街中の書店に入ってビジネス本の本棚に並んでいる題名やAmazonを見れば、
ビジネス本が でてくるでてくる あんな題名 こんな題名

・マッキンゼーで活躍している**さんがつくった
・東大生○○さんが実行している△
・生産性が30倍もあがる
・効率が100倍になる
・学習力が上がるなんちゃらの10個の方法
・かんちゃらフレームワーク

これらのビジネス本に書いてある思考の型や考え方のパターンなどの内容は、ほとんど本当です。

しかし、ビジネス本を読んだ人が書いてある内容を実際にフレームワークを活用して成果につなげているかというとあまりうまくつながっていないかもしれません。

環境と意識が必要


なぜ、成果につなげられないのか?

個人がフレームワークを知識として身につけたとしても、会社や組織にそれを実務で生かす環境が整っていなければ、そのフレームワークを業務でどのように生かせばよいのか、どのような成果につながるかイメージが分からないのです。

成果のイメージがわからなければ、成果の判断もできない、結局は何が成果なのかわからない、それなら今までの業務のお作法を踏襲するという流れになります。

しかし、組織がフレームワークとその効果を評価・検証できる整備して個人がそれを使える構造をつくることができれば、その組織の生産性は飛躍的に上がるでしょう。

インターネットマーケティングで使うフレームワーク

お伝えするフレームワークの考え方とは


幸か不幸か、僕は、このようなビジネス本に書かれている内容が業務を進めるうえで必要となり行動せざるえない状況で、結果的にフレームワークを業務の中で身につける事ができました。
フレームワークを使った業務を評価・検証できる組織で経験できたのはよかった思います。
これからお伝えするフレームワークの考え方とは、僕がこれまでの業務を進める中で必要な知識があったり問題解決ができずうまく進まない場合に、セミナーに行ったり本を読んだり人に聞いたりして学習したことを消化してアウトプットして失敗してと試行錯誤しながら実行した結果身に着けた考え方です。

お伝えするフレームワークの3つの視点


このブログではこれから、僕の今までの経験を元に利益をつくる思考術の目的を達成するためのフレームワークを、この3つの視点でお伝えします。

◆最低限、必要なフレームワーク
◆フレームワークの使い方
◆フレームワークの考え方

インターネットマーケティングで利益をつくるを目的とした場合に、基本的に、できるだけシンプルに、これを抑えておけば致命的な外れはないという内容だけを抽出してまとめたものとなります。

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。