最低限これが必要!思考術でつかうフレームワーク

フレームワークを効果的に活用できていますか

あなたは、フレームワークというキーワードを聞いて何を頭に思い浮かべるでしょうか?さすがに「見たことも聞いたこともない、それっておいしいの?」という回答はないと思います。

しかしながら、「バリバリとビジネスの場で使いこなしていていますよhaha」という回答も少なそうですね。

一番多い回答は「フレームワーク?ロジカルシンキングとか3C思考とかSWOT思考とかファイブフォースや4PとかアイドマとかMECEとかPDCAとかは聞いたことがあるし、調べて使ってみたこともあるけど、効果があるのかどうかよくわからなかった。」でしょうか

外資系会社のいかにも頭がよさそうなコンサルタントが仕事で使っていて、このキーワード使うと、説得力がありそうだし、賢そうな感じがするというような感じでしょうか。

もし、あなたが、フレームワークを使いこなせていないのでしたら、どのフレームワークをどのようなシーンでどう使えばいいのか具体的な利用イメージがあやふやであることが原因です。

この記事では、そのあやふやを解消するために、まず利益をつくる思考術に最低限、必要なフレームワークをどのシーンで使うものかをお伝えします。

フレームワークとは思考のカーナビナビゲーション

フレームワークをわかりやすく表現するならば、検索してみてもしっくりくる表現がなかったのですが僕なりのイメージでいうと、「カーナビ」といったところでしょうか
ビジネス構造を地図とするならば、目的地に向かう方法を指示してくれるカーナビというイメージです。
例えるなら 東京から大阪へ車で移動する場合にカーナビを使うと大阪までの道筋や主な経由地を表示されます。少なくとも大阪へ行くのに北へ進むことはなくなります。

フレームワークとは、高度なことでもなんでもないのです。
フレームワークの適切な利用シーンと適切な利用方法を覚えてしまえば、ビジネスで見当違いの方向にすすんでしまったり!重要なことが抜けていた!といった致命的な間違いが起こる可能性は低くなります。

フレームワークを使わないで思考すると、ビジネスが佳境に入った時に致命的な抜けや間違いが発覚してすべてやり直しということが起こる可能性が高くなります。

覚えてください!最低でも必要な7つのフレームワーク!

これはこの表題を口をすっぱく言いたいです。

やはり、利益をつくる思考術を身に着けたいのであれば
四の五の言わずに これを、とにかく覚えるべき! です。
これが最低ラインと考えてください。

できれば、数学でいえば図形の面積を求める式を暗記しているようなレベルで
無意識にこのフレームワークを使って物事を考えて整理できるようになりなさい!です。

ロジカルシンキング3点セット


 ◆プロセスツリー
 ◆ロジックツリー
 ◆マトリクス

ロジカルシンキングの基本は物事をMECEという概念をつかってダブりなく網羅することです。
その物事を網羅するための、いわば思考の基本形およびその思考を視覚に落とし込む基本的な見せ型です。

思考術では基本的にこの3つの見せ型の組み合わせを使って思考をして表現や説明をします。

5W1H 

5W1Hとは、いつ(When)、どこで(Where)、だれ(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)
この5つのWと1つのHの視点をつかって物事・関係者を思考します。

お客様(ターゲット)層の仕分け方

だれ(Who)の性別、だれ(Who)の世代、だれ(Who)の収入、この分け方でお客様(ターゲット)属性を思考します。

4C分析

4C分析とはお客様(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)、ビジネスパートナー(Channel)
この4つのポジションから業界や自社や競合を思考します。

4P

4Pとは商品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、宣伝(Promotion)
この4つの項目をつかって、お客様に販売する商品を思考します。

AIDMAS


AIDMASとは認知(Attention)、興味(Interest)、欲求(Desire)、記憶(Memory)、購入(Action)共有・共感(Share)、この6つのプロセスをつかって、お客様を集客から販売までの流れを思考します。

PDCA


PDCAとは計画(Plan)、実行(Do)、測定(Check)、改善(Action)、この4つのプロセスをつかって、計画から実行から確認から修正の一連のながれを思考します。

フレームワークを身に着けることで得られるメリット

思考モレが減る


フレームワークでは「自分」「競合」「お客様」「商品」とそれぞれが思考対象として網羅されています。つまり思考モレを減らすことができます。
このブログを見ているあなたなら、ビジネスが佳境に入った時にモレが発覚することが何を意味するのかは、容易に想像できることでしょう。

思考スピードがアップ


フレームワークは思考するために何が必要で何をするべきかの道筋が用意されているのですからを覚えてしまえば、思考のスピードが圧倒的に早くなります。
そして思考の内容にも自信を持つことができます。

フレームワークの考え方を伝える

今回紹介した記事だけではフレームワークの説明は不足していますので、これからこのブログでは、紹介したフレームワークの考え方をお伝えします。

どちらかというと解説や説明ではなく、使い方や考え方をお伝えします。
フレームワークを知らない人は当然ですが、すでに知っている人も、このブログでのフレームワークの考え方を読んでいただければうれしいです。

フレームワークの詳細な説明を知りたい方は、検索すればいくらでもサイトが出てきますし本屋でもフレームワークの本を売っています。

この記事で紹介した以外にも多種多様なフレームワークは存在しますし、すで知っていて使いこなしている方もいらっしゃると思います。

大事なのは知ってることではなくつかうこと、つかって効果を感じることです。
興味がでてきたら、調べて他のフレームワークも使ってみてはいかがでしょうか。

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。