ビジネスを運用するフレームワークPDCAサイクル

ビジネスのプロセスを運用する考え方とは

あなたは、今売上が何事もなく順調に伸びていますか?
おそらく、問題ないすべては順調で完璧であるという人でしたら、この記事は見ていないかともしれません。

ビジネスに限らず、何事でもでもあてはまることですが、結局は日々の行動の継続が利益につながるわけです。ビジネスは売上と利益をつくり続けなければいけません。

この記事では、そのような利益を継続してつくり続けるビジネスプロセスを運用する思考のフレームワーク「PDCA」の考え方をお伝えします。

PDCAサイクルとは

このキーワードは「PDCA」でキーワード検索をすれば説明しているサイトがずらずらと出てきます。

 1.Plan(計画):目標を設定して具体的な行動計画を作る
 2.Do(実行):行動計画を遂行する
 3.Check(測定):計画と結果の差分をチェックする
 4.Action(改善):差分を元に計画を改善して行動する。

この一連のプロセスを継続して実行するというわけです。
本当にきれいな考え方ですね。実際にこの考え方をスムーズに運用ができるのなら誰も苦労しないつーの、というような、ぼやきが聞こえてきそうです。

PDCAの解説を読んだだけでは、実際の運用をしているイメージがつきづらかもしれません。業界や会社またはその人によって運用の実務の基準や作業は異なります。

そのような人それぞれに基準や作業内容が異なるプロセスを標準化することで属人化を避けて、誰でも問題なく運用して利益をつくる仕組みを円滑にまわすことがPDCAの目的でもあります。
また、問題が発生するということは、コストが発生すると同じ意味です。コストの発生は利益の減少に直結します。したがってコストが発生しないようにPDCAを円滑にまわす仕組みづくりが必要です。

これが必要!PDCAサイクルをまわす4つの基準


PDCAを円滑にまわすための思考では、最低この4つは明確にしてください。
「項目」「数値」「判断」「基準」

項目

ビジネスプロセスで発生する項目ををすべてあげてください。
これがないとそもそも計画も立てられません。
例えば作業、遷移、販売数、売上、などです。

数値

ビジネスプロセスで発生する項目は基本的に指標(数値、率)におとしこんでください。
これがないとビジネス状況を数値で客観的に把握できません。
例えば作業時間、PV値、クリック数、クリック率、販売数、売上金額などです。

基準

ビジネスプロセスで発生する項目の数値指標の判断基準値を定めてください
これがないとビジネスのしんちょく状況による判断も行動もできません。
例えば作業時間:3時間、PV:100万/mon、クリック数:1,000/day、クリック率10%などです。

根拠

ビジネスプロセスで発生する項目の数値指標の判断基準の根拠を定めてください
これがないとビジネスで肝心の判断を誤ってしまう可能性があります。
例えば作業時間3時間の根拠、PV100万/月の根拠、クリック数1,000/dayの根拠、クリック率10%の根拠などをこれまでの実績や競合などから算出します。

 

こちらに書いて判断基準と根拠は、あくまで考え方です。
各作業項目ごとにDo(実行)Check(測定)Action(改善)それぞれの作業と数値と判断基準を定めて、イレギュラーが発生した場合上司に報告して修正と改善する行動を日々繰り返して運用していくというサイクルです。

PDCAサイクルはロジックツリーをつかって見える化する

インターネットマーケティングでは、ビジネスプロセス構成をロジックツリーで見える化します。そのツリーをKGIツリーやKPIツリーといいます。
そのロジックツリーはメンバー全てがその項目と数値の意味を理解している必要があります。

KGIツリーの考え方

ビジネス全体の構造を見える化するロジックツリー図です。
KGIツリーはその利益という目的を形成する各プロセスのつながりを見える化します。
例えばこの図のような形です。

KPIツリーの考え方

各プロセスの内容成を見える化するロジックツリー図です。
KPIツリーはKGIツリーを構成する各プロセスの内容を見える化します。
例えばこの図のような形です。

インターネットマーケティングにおけるPDCAサイクルとは

インターネットマーケティングにおけるPDCAサイクルとは、ビジネスを各プロセスに分解して、各プロセスごとに目標を定めて、その目標へ向けて「数値」を確認して「基準」を元に「判断」をして、改善を継続して利益をつくるアクションを続けるサイクルです。

Plan(計画)

ビジネス全体の構造を各プロセスごとに分解して「項目」「数値」「判断」「基準」を決めて目標を定めます。各プロセスはKGIツリーおよびKPIツリーを使って見える化します。重要なことはメンバーがKGIツリー、KPIツリーの内容を理解していることです。
ここがあいまいだと問題発生の要因となります。

Do(実行)

Plan(計画)で定めた各プロセスを実行します。
重要なことはプロセスの実行は「数値」「判断」「基準」を常に念頭におくことです。
ここがあいまいだと問題発生の要因となります。

Check(測定)

Plan(計画)で定めた時間に各プロセスの「数値」を測定します。その値を定めた「基準」を元に改善が必要を「判断」します。
重要なことは、判断の基準および判断の権限を持つ人を明確化していることです。
ここがあいまいだと問題発生の要因となります。

Action(改善)

Plan(計画)で定めた「基準」を元に改善が必要だと「判断」した場合、改善策を定めて改善アクションをします。
改善のつもりが改悪になる場合があることを常に念頭に置いて改善策を定める必要があります。


PDCAサイクルを継続すること、それは、日々のアクションの積み重ねを継続することで、少しずつ少しずつ利益を大きくしていくこと、その積み重ねが結果的に大きな利益になるのです。

ビジネスでは一発逆転ホームランのようなことはほとんどないと考えて良いです。
たまたま、ヒット商品のようなホームランに恵まれたとしても、継続する力がなければ一発屋で終わってしまい下手するとヒット商品が在庫の山というコストとして残るなんてこともありえるわけです。

結局、最終的に残るのはPDCAサイクルの日々の積み重ねといった地道なアクションの継続なのです。

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。