効果がある太陽コミュニケーション!ホメる力

相手にアクションして欲しいと時にどのようなアプローチを仕掛けるべきか

というテーマの寓話にイソップ童話で太陽と北風があります。

イソップ物語 太陽と北風

引用 イソップ物語 太陽と北風

北風と太陽が言い争いをしていました。

北風は、
「僕はなんだって吹き飛ばせるんだ!
 一番強いのは僕だ!」

太陽は、
「確かに君には力がある。
 でも一番強いのは僕だよ」

と、どちらも引きません。

そこで、力自慢をすることとなったのです。

「じゃあ、あそこに歩いている旅人の、
 服を脱がせたほうが勝ちってことにしよう」

まずは北風から始めました。

「あの旅人の服を吹き飛ばしてみせるよ」

と言いながら、「ビュー!」と、
冷たい風を旅人に勢いよく吹き付けました。

そしたら旅人は、「なんて寒いんだ」
と言いながら、更に一枚、服を取り出して、
今の服の上に重ねて着込んだのです。

それでも北風は負けまいと、
「ビュー!」と、冷たい風を旅人に吹き続けました。

しかし、旅人は、飛ばされないように、
服をしっかり押さえ、体を前かがみにして
歩き続けたのです。

北風は、とうとう諦めました。

「こんどは僕の番だ」

太陽はそう言うと、まず、ポカポカと暖かく、
そしてやさしく照らしました。

旅人は、「ポカポカといい陽気になってきたぞ」
と、重ね着していた服を1枚脱ぎました。

そして、太陽は、更にやさしい日差しを当て続けたのです。

歩いていることもあり、旅人は汗ばんできて、
ちょうど川沿いがあったので、一休みすることにしました。

太陽はその時、ここぞとばかり、
ジリジリと強い日差しで
旅人を照りつけ始めました。

旅人は、「こりゃたまらん!」と言って、
服を全部脱ぎ捨て、目の前の川に飛び込んだのです。

この話が、イソップ寓話の「北風と太陽」という物語のあらすじです。

仕事に限らず、円滑に自分が望むことを相手にやってもらうためには
日々のコミュニケーションが欠かせない

やってもらうには太陽の方がいい関係になります
その太陽コミュニケーションの一つに「褒める」というアクションがある。

ホメるスキルとは行動をうながすとてつもなく巨大スキル

ホメるって一言にいうと簡単そうですが奥が深いもの
ホメたからと言って、相手が単純に褒められたと喜ぶかといえばそうでもありません

相手が子供なら、偉いねぇイイコイイコと頭をなでれば
ホメられたと喜んでくれるが
大人となれば、そう単純にはいかないものである

確かに30代中ばの仕事でも一線級でビジネス戦線に立っている男に向かって
イイコイイコなんてやったら
状況次第では皮肉や叱責、とんでもない侮辱でありまさに喧嘩をうる行動になってしまいます。

もっというとホメるという行為にはみんな慣れていない。

というわけで、人に行動をうながす立ち位置となるマネジメント層は
ホメる力を手に入れれば素晴らしい相乗効果になるわけですね。

一旦ホメるというスキルが相手にハマれば
激烈な効果を発揮します。

すごくイヤらしい言い方になると
ホメることで相手をコントロールするとでもいいましょうか

「ホメる」 は3つの原則があります
1   プロセスである
2   心の欲望を察知することである
3   積み上げ式である

ホメる力の詳しくはまた後ほど

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。