利益(プロフィット)を上げるお金の仕分け方

お金があったら何をする?


今あなたの手元にお金が100万円があったらあなたは何をしたいですか?

よくテレビ番組のインタビューや、インターネットでも聞くキーワードです。
否定であれ肯定であれ、今現在の資本主義社会で生活を営むわれわれとって「お金」というキーワードは耳がピコン!と立ってしまうキーワードでしょう。
お金の話で大金を表現する金額として100万円というキーワードを耳にします。

もし100万円当たったら?もし100万円拾ったら?もし100万円貯金したら?何をする?

100万円

なかなか絶妙な数字です。
アルバイトでも一生懸命働いて貯金すればたまる金額です。
お金持ちにとってもはした金だねとも言いきれない金額です。
そして100万円を生活で消費しようと考えたら、そこそこ大きな買い物ができます。

この記事では、そんなお金に使い方を仕分ける考え方をお伝えします。

お金を使う5つの判断基準


このブログを読んでいるあなたが経営者ならビジネスの視点から見る100万円は数日で消えてしまう稼働費用といったところでしょうか

そしてあなたが経営者なら経営シーンで投資判断をする、つまりお金を使う場合の自分の基準を持っていることと思います。

あなたは、お金の使用を判断するばあいの使い方として5つの判断基準を御存じでしょうか?
「投資」「消費」「投機」「浪費」「貯金」

投資


会社や個人が将来に利益を増加させるために必要なお金を投入する活動である。 広義では、自己けんさんの学習や関係とつながりをつくる活動でも使われる。
しかし、どのような投資でも、リスクは発生する。

消費


会社や個人が日々の生活や行動を維持するために必要なお金を消費する活動である。
経済活動とは生産から消費までの一連の流れを円滑にまわせるように活動することを目的としている。

投機


一言でいってギャンブルに近い、リスクが高い経済活動である。
モノの価格の低いときに購入し価格が上昇したところで売却してその価格差から利益を得ようとする。不動産や株など、価格の変動が大きく市場での売買が容易なものであれば投機の対象となる。

浪費

一言でいうとムダ使い
生産性のないものにたいして金銭・時間・精力などをだらだらと使うこと。

貯金


貯金は美徳というのが日本人の正しいあり方です。
利益をたくわえること。利益のうちで消費されなかったものをさす。

利益を上げるお金の使い方とは

あなたは経営を円滑に運営することとは、ここに上げた5つのお金の使い方のなかから売上を上げて利益を上げる為には、つまり会社のお金を増やすお金の使い方とは、何を選択するべきか分かりますか?

正解は書いてあるも同然ですね。言われるまでもなくこの3つの無駄を削るべきです。

無駄な「投機」
無駄な「浪費」
無駄な「貯金」

ここであなたは無駄な「貯金」を削るべきというキーワードに疑問を感じるかもしれません。
もしあなたが普通の一般社会の生活を営む社員であるのなら、問題はないかもしれません。
しかし、もしあなたが経営者だったり、経営を志望している人でしたら考え方を改める必要があります。

経営という視点で考えてみてください。無駄な「貯金」の意味を

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。