売上・利益を創造する。ITビジネスをつくる勉強の考え方その四

さぁはじめましょう。ITの勉強を

前回の記事にて正解をより素早く正確に出すような仕事はこれからの時代、ITにとってかわられるというお話をしました。

そのような時代に向けてやるべき勉強は何でしょうか

答えは ITの勉強をしましょう

自分の仕事をITにとって代わられるくらいなら、ITを使いこなす人材になってしまいましょうというやつです。

というわけで、手始めにまずパソコンを用意しましょう。知人のおさがりをもらうとかどこかで買いましょう
パソコンの買い方ですが、中規模以上の都市ならや幹線道路沿いにはヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラといった家電量販店はあるはずです。

家電量販店のパソコン売り場に向かい「ウィンドウズパソコンください。」と お店の人に聞けば「パソコンの用途や欲しい機能、希望価格帯」を聞いてきます。

プロ用の画像制作や動画エンコーディング、あるいは最新3Dゲームといった、CPUの高処理が走るような用途なら機能・性能・価格で機器を見比べるトレードオフというシビアな見比べとなるのですが、

せいぜい インターネットWebブラウジングやOfficeやビジネスユースなら、3万台くらいの~パソコンで十分です。

ノートパソコンとして、外に出して カフェで仕事をしたいといった用途なら、それなりの機能と性能がありながらもコンパクトサイズにまとめられたパソコンも10万くらい払えば手に入れられます。

パソコン本体を手に入れたらついでのアプリのインストールです。

パソコンにインストールすべきアプリですが、これは必ず必須というのは
「Excel」です。
というかこれ以外、特にインストールしなくてもいいです。
次点でPowerPointといったところでしょうか、それ以外は基本とくにイラネです。

最近はアプリも素晴らしい機能をもつ製品がネット上に無料で置いてあるのですが
「Excel」だけは手放せません。

次にブラウザです。パソコンだけあってもブラウザがなければ、インターネットのサイトの閲覧ができません。
WindowsにはIEという標準で搭載されているブラウザがあるのですが、
GoogleのChromeが使いやすくておすすめです。

さて、パソコンをインターネットにつなげたら
インターネットサービスアカウントを作成しましょう。

一口にインターネットサービスといいますが、その種類と要は千差万別、多種多様であります。ただ、最低でもこの2つのアカウントだけは絶対取得してください。アカウント取得をすれば、メールアドレスももらえます。

合言葉は ぐぐれかす「Google」
 
やほーけいじばんで おなじみ「Yahoo」

ITの勉強は以上です。
ありがとうございました。

おめでとうございます。ITの勉強はこれでおしまい

えっこれだけと 疑問の声が聞こえてきそうですが、

これだけで、あなたはビジネスをする上で必要な

・全世界の膨大なWebデータの検索・抽出手段「Google・Yahoo」
・データを解析・集計・記録手段「Excel」
・解析集計結果とあなたの考察を表現手段「PowerPoint・メモ帳」

それらITの武器を手中にしたことになります。

おめでとうございます。

それにしてもスゴイ時代です。
もしも、わずか数十年前にこれだけの機能を手に入れようと考えれば、国家予算クラスの費用が発生したことでしょう。IT革命バンザイです。

さいごに、この記事でお伝えしたことは、ITの勉強ではなくITの準備でした。

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。