ゼロとイチで表現する音の世界

データとして音楽

現在の日本で音楽を聞いたことがないという人は、極めで少ないでしょう
お気に入りのカリスマアーティストの曲
過去の有名アーティストの名曲、音楽の偉人たちのクラシック音楽、親しみやすいノリのいいアイドルの曲、テレビ番組や街中に流れている何気ないいい曲、その他にもクラブ、ソウルミュージック、ハードロック、ヘビーメタルなど、現在は音楽おジャンルごとに雑誌やサイトも多種多様にわかれております。同じ音楽ジャンル内でもマニアの中では区分けしたり論争もおこっています。

あなたは、音楽をどのような機器をつかって聞きますか

昔なら音楽を聴く機器としてはレコードプレイヤーやラジカセやCDコンポとかMDプレイヤーとかでしょうか、歩きながら聞くならウォークマンでカセットテープですか

現在は、iPod携帯音楽プレイヤーでしょうか、というか、iPhone,Androidなどのスマホを携帯音楽プレイヤーに使っている人のほうが多いかもしれません。

いずれにしても、現在は音楽は日常にあふれており、音楽がない状況で生活をいとなむ方が難しい状況になっているかもしれません

この日常にあふれている音楽もデジタルデータつまりゼロとイチ(0 or 1)の数値のデータとしてあつかわれているのです。

引用 音声データ
音声をデジタルデータとして格納するには、一般に音声の波形を電圧で表したものを個々のチャンネルごとに特定の量子化ビット数(ビット深度)と一定の間隔(サンプリング周波数)で標本化する。このデータは圧縮されずに格納されるか、ファイルサイズを削減するために圧縮して格納される。

インターネットで配信される音声データ

インターネット上をあちこちのサイトを見回っていると、ときどき急にブラウザから音が流れ出す時があります。

街中のカフェでネットを閲覧している場合だったらびっくりするかもしれませんね。
まったくはた迷惑な。。。。などと内心思ったりするかもしれません。

そのような音声を配信する音声ファイルはさまざまな形式のものがあります。

音声ファイル
1.WAVE形式
Windows標準の無圧縮音声形式。圧縮率が大変低いので音質の劣化がない(高音質)が、容量が大きい。

2.WMA形式 Windows Media AudioというWindows標準の高圧縮音声形式。

3.MP3形式
最も普及している高圧縮音声形式。CD並の音質で、データ量を約10分の1(一律ではない)に圧縮できる。

4.Ogg Vorbis
MP3以上に高音質/高圧縮な音声圧縮ファイル。

5.m4a
AAC形式 MP3の次世代形式。MP3以上に高音質/高圧縮な音声圧縮ファイル。着うた・地上波デジタル放送などに使われている。ただし、拡張子は「m4a」のみではない。

6.CD-DA形式
音楽CDの音声ファイル。エクスプローラ(フォルダ表示)でオーディオCDを開くと、この拡張子が表示されるが、収録されている音源へのショートカットファイルにすぎない。

主に使用される音声データ形式はMP3です。
MP3というキーワードを聞いたことがあるかと思います。
iPodやウォークマンに音楽データを取り込む時にも見かけるファイルなので、ご存じのかたも多いかもしれません。

あたりまえのように日常で何気なく使っている機器から表現される音とはデジタルデータゼロとイチ(0 or 1)として扱われているのです。

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。