簡単!お手軽!ライティングに慣れるちょっとしたコツ

こんな話をよく聞きます

ネットにコンテンツを作ろうと意気込んで
さっそくブログを書こう
意気込んだものの キーボードを打つ指がフリーズ

キレイな文章を書こうと一生懸命考えるけどどうも文が頭に浮かばない

「ああ 自分には 文章力がないんだ」

ネット集客と言って尻込むする言い訳として
一番メジャーな挫折するキーワードです。

もっとお気楽に書き出そう

たしかに
作家だったりプロのライターだったり
本を出版したり編集者とかなら
当たり前の話ですが
文章力って とっても重要でしょう

しかーし ブログはそこまで敷居が高いメディアではありません
もっとお気楽に考えましょう

お気楽に文章を書けと言われても
なかなかよい文が思い浮かばないと
やっぱり指が止まってします方も多いことでしょう。

そんな場合はこれ!

誰かに仮定の人を見立ててその人に語りかけてみる形で
文章を作りましょう

例えば家族
例えば友人
例えば恋人
例えば子供

多分キレイな文章を書こうとするよりもスラスラと
文字が湧き出てくるはずです。

でも、そんな語りかける言葉を文章にするなんてと
文法とかおかしくなるのではと
抵抗感がある方もいるかもしれません。

でも、ブログの目的はなにでしょうか?
相手に伝えることですよねー

ということは
でも、多少は文法でお行儀が悪くても
相手に自分の意図が伝えることが最も重要なのです。

そして自分の意図を相手に伝える方法として
普段の話している言葉を使えば スラスラと文章が湧き出てくるはずです。 

そしてこの方法は
大きな効果があるのです。
ブログライティングの目的は相手に伝えて感情を動かすこと
ならば
丁寧ばかしこまった文章よりも
多少くだけていても
語りかけてくれるような文章の方が
心を動かしやすいわけです。

もちろん普段の会話をそのまま文章にする際には、
それなりに文章用に言い回しを変える必要ありますが。

ぜろからしっかりした文章を書くよりも負荷ははるかに低いでしょう。
そしてこれも慣れみたいなもの

なんどもライティングを続ければ、サクッとできるようななるでしょう。

ライティングでもっとも重要なこと

もっとも重要なことは
相手に自分の意図を伝えること

その意図を伝えるためのライティングです。
ならば自分が一番意図を伝えたい方法から
ライティングにつなげるのが
一番相手に意図を伝えるライターになる近道というわけですね。

そこから、正しい文法や書き方などでブラッシュアップしていけば良いわけです。

まずは 習うよりも慣れる
そして慣れてきたらレベルアップする

その最初の慣れるための一歩として

自分が相手に伝える会話をライティングしてみる。
おすすめです。

無料E-BOOK「ベネナビ式ネットメディアの構築手法」を読んで集客・売上の悩みからあなたを解放するベネナビの提案を読んでみませんか



E-BOOKを読めば目からウロコの「あなただけのお客さまを集めるブログを中心としたネットメディアの方程式」を知ることができます。

「どこで」「だれに」「なにを」「どのネットメディア」を使って「どのように訴求」すれば集客・売上につながるのか。ベネナビが提唱するネットメディアの方程式を分かりやすくまとめています

このE-BOOKはベネナビのマーケティングエッセンスを抽出した約100ページの盛りだくさんな内容で一読すれば満足いただける価値があるものと自負しています。